ピンクゼリー 安全性

ピンクゼリーの安全性

 

私はピンクゼリーの安全性に疑問があったのでピンクゼリーを使ったことがありませんでした。

 

今年になって産婦人科医と共同開発したこのピンクゼリーを見つけました。

 

 

そのピンクゼリーがコチラ>>>

 

 

男の子のママです。

 

男の子ってかわいいですね。

 

それまでは旦那だけだったのですが男の子が生まれたことで序列が変わりました(^O^)/

 

旦那も大事なのですが子供はやはり私が守ってやらなければということで、つい気合が入ってしまいます。

 

ところで男の子はかわいいのですが、旦那は次は女の子が欲しいと言っています。

 

旦那の実兄の子供が女の子で旦那にも凄く懐いているので女の子の良さが分かったのでしょう。

 

私からすると男の子は異性ですので、その分神秘的なものがあります。

 

旦那にとっては女の子が異性ですから、その分可愛いのでしょうね。

 

今から、女の子が生まれたらどうなるか心配でもあります。

 

ところで私自身が男の三人兄弟の最期に生まれた女の子なので、やはり自分も女の子が欲しいと思ってしまいます。

 

私も実家の母とはよく話をしますし、すぐ近くの実家に帰った時は話をすることがたくさんあります。

 

本当に母親とは親友のような姉妹のような不思議な関係です。

 

嫁いでしまった私ですが、これからも母親との関係はずっと続くのです。

 

ですから女の子が欲しいと切望しています。

 

今度もし男の子が生まれたらと思うと考え込んでしまいます。

 

何故なら、やはり男の子はかわいいけれども、話し相手にはなりにくいのかなと思うからです。

 

 

それくらい、女の私にとってはひとりは娘が欲しいものです。

 

そんな悩みをもって悩んでいると友人が私にアドバイスをくれました。

 

それはピンクゼリーというものを使う方法です。

 

それで思ったのですがピンクゼリーを使えば必ず、女の子ができるわけではないけれど、良いみたいです。

 

ピンクゼリーを使う前は体位がどうだとか、こうだとか、言っていたのですが、ピンクゼリーは理論に基づいた方法なのを実感しています。

 

 

結局、元気な赤ちゃんであればいいのですが、ちょっと理想も言ってしまいました。

 

女の子をコントロールする方法があるのであれば知りたいですね。

 

女の子を産みたい女性も多いみたいです。

 

生活を豊かにしてくれるのが女の子の存在なのかもしれません。

 

後、ふたりぐらいは頑張ってみたいです。

 

それぐらいの気持ちの方がいいかもしれませんね。

 

ピンクゼリーを使う方法が一般的にもこれからは、いいかもしれません。

 

ちょっとコントロールして家族計画を立てる時代なのかもしれませんね。

 

そんな、私が使用しているピンクゼリーのことを紹介したいです。

 

女の子の産み分けには役に立つのがピンクゼリーです。

 

 

そのピンクゼリーがコチラ>>>